外壁塗装の耐用年数

外壁塗装の耐用年数というのは、基本的に「塗料の耐用年数」と同じ意味を持っています。

極稀に、塗料ではなく外壁の修繕が必要なケースも存在しますが、外壁が劣化するよりも塗料の劣化の方が頻度も多いので、今回は割愛します。

一般的に使用される塗料は下記の4点となっていて、それぞれの耐用年数を紹介していきます。

  • アクリル系塗料=5年~6年
  • ウレタン系塗料=7年~10年
  • シリコン系塗料=10年~15年
  • フッ素系塗料=15年~20年

おおまかな耐用年数ですが、上記のようになっています。

外壁塗装に使用される塗料は耐用年数が長いほど平米単価が高くなっている傾向にありますが、耐用年数だけではなく様々なメリットが多いのも特徴的です。

例えば、フッ素系塗料はアクリル系塗料に比べると3倍~4倍の耐用年数となっていますが、平米単価は3倍~5倍程度となっています。

これだけだとフッ素系塗料を選択するメリットも少ないかもしれませんが、フッ素系塗料はアクリル系塗料に比べると、汚れがつきにくく落ちやすいというメリットがあります。

また、効力は低くなっていますが断熱性も持っていますので、冬は部屋の中の温度を逃さずに夏は外部からの紫外線を防いでくれる効果も持っています。

そのため、住居全体をフッ素系塗料で塗装すると高額になるために、屋根の部分にだけ使用するというような施工方法も多くなっていることが特徴的です。

一般的によく選ばれている塗料はシリコン系塗料となっていて、1年辺りの費用が安くなることが特徴的です。

また、10年~15年の耐用年数がありますので、外壁塗装の塗替えの頻度が低いことも選ばれている理由の一つとなっています。

ナノマックス株式会社社長のこだわり

どのような塗料を選ぶのかというのは状況や環境によって大きく異なりますが、基本的には「塗替えの頻度で選ぶ」ということが挙げられます。

あまり頻繁に外壁塗装をしたくないという方は、一回あたりの施工費用が高額になっても耐用年数の長い塗料を選ぶほうが意向に沿っているということになります。

逆に、数年に1度程度は外壁塗装をして気分を一新したいという方にはアクリル系塗料のような耐用年数の低い塗料を選択するといいでしょう。

ナノマックス株式会社社長のこだわり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加