外壁の塗り替えの目安

外壁の塗替えの目安というのは、状況や環境によって大きく異なりますが、基本的には「劣化した時」が目安になっています。

劣化というのはどのように判断するのかというと、

  • 外壁にヒビが入っている
  • 外壁に藻や苔などの汚れが目立つようになってきた
  • 外壁を洗浄しても汚れが取れなくなった

以上の時期が塗り替え時ということになります。

外壁というのは様々な要因で劣化していくものですので、一定の期間が経過すると外壁塗装の塗替えをしたほうが良いでしょう。

外壁のヒビ割れや経年劣化をそのままにしておくと、塗膜だけではなく外壁自体が傷んでしまう事になりますので建物の寿命を短くしてしまう原因にもなってしまいます。

また外壁の色彩が過度に変色している場合も塗り替え時期の目安となります。

毎日見ているとちょっとした変化に気づかないことも多いですが、目で見てボロボロになっているという状況ならすぐにでも塗替えをした方が良いでしょう。

外壁塗装の工事にかかる日数は、おおよそ2週間程度となっています。

費用は外壁塗装を依頼する業者によっても大きく異なりますが、安く仕上げたいというのなら、自分で塗替えをするという手段を取ることも出来ます。

ただし、十分な知識と技術を持ち合わせていないと、塗替えをしてもすぐに塗膜が剥がれてしまったり、塗りにムラが出来てしまったりと様々なトラブルを引き起こす原因になってしまうことも考えられますので注意して下さい。

外壁塗装の塗替えに関しては、様々な手法で行うことが出来ますが、一般的には業者に依頼するケースが多くなっています。

業者に依頼する場合は、複数の業者に見積もりを出してもらうようにして、作業内容や費用を比較できるようにして下さい。

外壁塗装というのは、業者によって作業の手法も費用も大きく異なるのが特徴的です。

費用に関しては、数倍の開きがあることも珍しくないので、必ず複数の業者に見積もりを出してもらうようにして下さい。

社長のこだわり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加