外壁塗装工事に最適な季節

外壁塗装工事に最適な季節というのは、「工事がやりやすい季節」とも言えます。

外壁塗装工事では、雨が降ると塗装をすることが出来なくなりますので、雨が多いシーズンは避けたほうが良いでしょう。

また、気温が5度を下回ると塗料が上手く固まってくれなくなりますので、こちらも避けたほうが良いということになります。

この2つの条件をクリアできるのなら、季節は問題ではないということです。

例えば、真冬のシーズンに外壁塗装をする場合は、北海道や東北のような雪国では当然のように5度を下回る日が多くなっているので不適切ですが、九州や沖縄といった南の地域では真冬でも10度近くの気温がある日が多く、湿気も少ないために外壁塗装工事をするには最適ということになります。

逆に真夏になると、北海道や東北では湿度が低くなります。

「北海道には梅雨がない」と言われるように、夏場の北海道は湿度が低くて快適です。

雨が少ないということもありますので、北海道では真夏でも外壁塗装工事には向いている季節ということになります。

ナノマックス株式会社社長のこだわり

このように、地域によって「雨が多い」「気温が低すぎる」というような環境が異なりますので、自分の住んでいる地域に照らし合わせながら工事の日程を組むと良いでしょう。

外壁塗装の工事に必要な期間は10日間~15日間程度となっているので、出来る限り雨が少なくて気温が低くなりにくい期間ならいつでも構わないということになります。

全国的に外壁塗装の工事に向いている季節というのは、桜が散って梅雨入りする間の季節や、台風が去って本格的な冬入りになるまえの季節となっています。

外壁塗装の工事では、「塗料に影響がない季節」なら、基本的にいつでも構いません。

塗料が苦手とするのが「気温」と「湿度」の2つとなっているので、この2点にだけ気をつけていれば後は自分の予定に合わせるのが良いでしょう。

もう一つ、工事自体とは何の関係もありませんが、夏場に外壁塗装の工事をすると窓を全部防ぐことになりますので、エアコンがないと熱中症になる可能性があるため気をつけて下さい。

ナノマックス株式会社社長のこだわり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加