外壁塗装の塗膜が剥がれる原因

外壁塗装の塗膜が剥がれる原因

外壁塗装の塗膜が剥がれてしまう原因は様々な要因が考えられますが、経年劣化以外の状況で塗膜が剥がれてしまうのは「手抜き工事によるもの」という理由が一番多くなっています。

ナノマックス株式会社社長のこだわり

塗膜というのは、外壁にコーディングしている状態となるので、外壁にゴミや汚れが付着している状態で塗装すると、剥がれやすくなります。

また、外壁に塗装をする際に、接着力を高めるために下塗材を使用しますが、下塗材の塗装が十分ではなかったために塗膜が浮いてしまうような状況になり、剥がれやすい状況が生まれることもあります。

この2つは、「十分な下準備をしていなかった」というミスになりますが、外壁塗装が完了してすぐに剥がれ始めるということではないので気づきにくいのが特徴的です。

例えば、一般的なシリコン系塗料の耐用年数は10年~15年程度となっていますが、この塗膜が5~7年程度で剥がれ始めると経年劣化も考えられますが何らかの手抜き工事があったとしてもおかしくありません。

工事直後に塗膜が剥がれてしまったのなら工事の影響が強いために保証の対象となることが多いですが、5年も経過していると、経年劣化で処理されてしまうことのほうが多いです。

本来なら10年~15年ほどの猶予があったはずのものが5年程度で修繕しないといけないという状況になると大きな出費となります。

またよくある手抜き工事の方法としては、外壁を洗浄した後に十分に乾燥させないで塗装をするというものがあります。

これは、湿気が多い日が続いた時に行われるケースが多くなっていますが、外壁に水分が残っていると塗膜が浮いている状況になるので剥がれやすくなります。

また、悪徳業者に引っ掛かってしまうと塗料の費用を浮かせるために塗料を薄めすぎて剥がれやすくなるということも考えられます。

素人目に見ると、何が悪いのか分からないということが多いために、十分に信用することが出来る業者に依頼するか、納得の出来る保証をつけてもらうようにしたほうが良いでしょう。

ナノマックス株式会社社長のこだわり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加