外壁塗装工事の契約書の注意点

『外壁塗装工事の契約書の注意点』

外壁塗装工事での契約書を交わす際の注意点としては特段として変わったことはありません。

通常のビジネスで交わす契約書と同じように考えれば問題ないのですが、外壁塗装工事というのは、少しだけ特殊です。

まずは「見積書に記載されている金額以上に費用が多くなる可能性がある」ということです。

この辺りも通常は契約書に明記されているのですが、見積金額を一度提示してもらってから、最終工程までに追加で費用が発生してしまうこともあります。

ナノマックス株式会社社長のこだわり

そのため、契約書を交わす前に「最終見積は、この金額で良いのか?」ということを納得してから契約をするようにして下さい。

また、外壁塗装工事の「保証関するトラブル」も多いです。

外壁塗装工事というのは、昔気質の職人さんが請け負ってくれるケースも多く、「何か問題があったらいつでも頼って下さい」というように「口頭で」保証について説明されることも多いです。

しかし、口頭での契約に関しては証明することが出来なければ法的な効力は何もないのと同じですので、やはり文書で保証について提示してもらった方が安心することが出来ます。

もちろん、保証の内容についてもキチンと確認して置かなければいけません。

外壁塗装工事で頻繁に起こりやすいトラブルとして「塗膜のヒビ割れ」が挙げられますが、保証書に明記されていない事由については保証の対象外となるために当然のことながら費用が持ち出しとなります。

保証の範囲内なら、無償で修繕してもらえるケースも多いので、どのような状況なら保証の対象内になるのかということを聞いて下さい。

ナノマックス株式会社社長のこだわり

最後にチェックしてもらいたいのは「支払の方法について」です。

契約書を交わした際に支払いを完了するのか、前金を払って残金は工事の完了後に払うのかというように、どのタイミングでいくらの金額を支払うのかということは契約によって異なります。

悪徳業者の場合は最初に安い見積を出しておいて、その場で契約を交わして完成後に追加費用を徴収するというような手口までありますので、気をつけて下さい。

社長ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加