『外壁塗装工事の瑕疵担保責任』

『外壁塗装工事の瑕疵担保責任』

瑕疵担保責任というのは、責任が工事を請け負った業者にあるトラブルが発生した際に生まれる保証となっています。

外壁塗装工事の場合は、工事が完了した後に塗膜がヒビ割れを起こしているとか、水道や電気にトラブルが発生してしまったというような場合に使われます。

外壁塗装工事の瑕疵担保責任は「リフォーム瑕疵担保責任保険」と呼ばれることもあり、こちらのほうがメジャーです。

しかし、全ての業者に対してリフォーム瑕疵担保責任保険が完備されているということではありません。

限られたいくつかの大手業者でのみ対応してもらえる保険となっていて、業者自体ではなく保険会社が保険を請け負ってくれるので、万が一、工事を担当した業者が倒産したとして無くなっていたとしても、保険金を受け取ることが出来る制度になっています。

リフォーム瑕疵担保責任保険の特徴としては、「業者が提案する保証とは別口になっている」という事が挙げられます。

近年の外壁塗装工事では、業者が5年や10年の保証を付けるのが当たり前となっていますが、零細企業の場合は5年後や10年後まで会社が存続しているのかどうかということも分かりません。

ナノマックス株式会社社長のこだわり

社長ブログ

もしも、10年保証をつけていて8年目に何らかのトラブルが発生してしまった場合に、会社が存在していなければ保証をつけていても意味が無いということになります。

このような場合に保険を請け負ってくれるのが「リフォーム瑕疵担保責任保険」の特徴となっています。

リフォーム瑕疵担保責任保険で必要な保険料というのは工事金額の4%~5%程度となっていて、100万円の工事なら4~5万円ということになります。

また保険金として払われる金額についても契約内容によって大きく変わり、最大でも修繕費用の80%程度となっています。

リフォーム瑕疵担保責任保険というのは、工事を請け負ってくれた業者の保証以外に万が一に備える保険となっているので、加入の是非は依頼者に委ねられることになります。

そのため、必ずしも加入しなければならないということもありませんが、業者に不安を感じるというような場合には備えていたほうが良いでしょう。

ナノマックス株式会社社長のこだわり

社長ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加