外壁塗装業者の職人の資格や免許

『外壁塗装業者の職人の資格や免許』

外壁塗装業者を判断するポイントとして「資格の有無」というものがあります。

しかし勘違いしないでもらいたいのが、外壁塗装の業者を開業するために必要な資格というものは一切ありません。

そのため、資格を所有していなくても腕の良い職人さんは沢山存在します。

今回紹介するのは2つの資格となっていますが、

  • 厚生労働大臣が認める、塗装技能士資格(個人所有)
  • 都道府県知事が認可する塗装業の資格(法人所有)

この2点となっています。

この2つは外壁塗装業者に関わる資格となっているのですが、これらの資格を持っていなくても開業することが出来てしまうので、判断基準として成立するのかどうかというのは難しいものです。

ナノマックス株式会社社長のこだわり

社長ブログ

特に昔気質の職人さんなどの場合は、資格を所有していないケースが多いために、「腕が良くても資格は持っていない」という人も多いです。

逆に、最近の若手で資格を持っているケースでも、「資格は持っているけれど、現場での経験は少ない」ということも少なくありません。

そのため、この2つの資格については「こんな資格もある」という程度に知っておいてもらえれば問題ありません。

唯一、資格保有者で腕の良い職人を探したいという場合は、「資格を取得してから何年が経過していて、その間にどれくらいの場数を踏んでいるのか?」ということを見てください。

本来必要ではない塗装技能士の資格を習得し、さらに多くの現場を経験しているということは普通の外壁塗装業者と比べると、ワンランク上の能力を持っているということにも繋がります。

そのため、資格だけで判断するのではなく、資格を取得してからどのような経験を積んだのかということに着目して職人を探すといいでしょう。

外壁塗装業者の中には「営業業者」と呼ばれる「営業や契約」を主体とする業者も存在します。

この業者は自分たちで業務を請け負うのではなく、下請けに丸投げするような仕事を請け負っていますので、直接的に技術を持っているということではありません。

仲介役として手数料を稼ぐというやり方なので、直接交渉をすることが出来ないことも多いので注意して下さい。

ナノマックス株式会社社長のこだわり

社長ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加