外壁塗装の訪問販売業者のトラブル

『外壁塗装の訪問販売業者のトラブル』

外壁塗装の工事を業者に依頼した際のトラブルとして報告される中で、最も件数が多いのが、「訪問販売でのトラブル」となっています。

これは、外壁塗装の工事を依頼する際に、訪問販売の営業から話を聞いて契約をしたケースとなっています。

訪問販売での外壁塗装のトラブルは年間6,000件以上となっていて、被害総額は数十億円とも言われています。

問題となっているのは、直接的に詐欺の被害に遭遇してしまうということではなく、「仕事に手抜きをされてしまう」というような内容のために発覚することが少ないというのも問題です。

ナノマックス株式会社社長のこだわり

社長ブログ

訪問販売の営業マンは言葉巧みに契約を促してきます。

「現在、キャンペーン中なのでお安く出来ます」

「今日中に契約をして頂ければ相場の半額程度の料金で可能です」

「このまま外壁を放置してしまうと外側から家が傷むことになります」

このように、様々な言葉で消費者を騙すのが特徴です。

これらの言葉だけを聞いていると、騙されているポイントがよく分からないという方も多いですが、一般的に消費者は外壁塗装の工事について何も知らないという特徴があります。

そのため、「相場が分からない」「手を抜かれても気づかない」というようなトラブルを引き起こしてしまいます。

例えば、相場が100万円程度の工事でも、「相場だと500万円程度かかりますが、現在はキャンペーン中なので半額の250万円で可能です」というような感じです。

実際の相場よりも150万円も高額になっているのにもかかわらず、言葉だけを聞いていると250万円も割引してもらえたような印象を受けてしまいます。

このように、実際は損をしているのに「トクをした」というように錯覚させて契約を促すのが外壁塗装業者の訪問販売での特徴となっています。

その他にも、見積書や契約書はキッチリと作りこんでいるのに、実際の工事に入ってから様々な部分で材料費を削減するような業者も存在します。

このような工事になると外壁塗装工事の本来の目的が達せられないことも考えられるので外壁塗装業者の訪問販売には十分に注意するようにして下さい。

ナノマックス株式会社社長のこだわり

社長ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加