外壁塗装工事のながれ6 ・塗装だけではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

たとえ最高級品のフッ素を厚く塗装したとしても建物は生き返りません。玄関のサッシ廻りです。アルミの腐食、白い部分が見られます。

サッシ

そこで関西ペイントのクリーナーです。ステン、アルミに対応したすぐれものです。

クリーナー画像

ちなみに美装費など1円も見積もっていませんし請求もしません。美しい仕上げにこだわっているだけです。

綺麗になったサッシ

このように美しくなりました。作業は私がさせていただきました。

ひびの入った状態左官後

モルタルの割れも左官しました。なぜ、こんなに割れるのか、ただのモルタルだからです。化粧するだけですから長くはもちません。今回のモルタルには樹脂モルタルを液体を塗った上、混ぜ込んだもので仕上げています。トンネル内の壁の落下に対応する国土交通省の仕様に準じます。しかも、この作業、見積にも請求にも入っておりません。網戸画像

網戸20枚ほど張り替えました。しかも戸車、白い部分です。取り替え致しました。この作業は実費精算お願いしました。まさしく実費。弊社への大工さんからの請求書、お見せし、その上、直接、大工さんに振り込んでいただきました。1円も、もうけません。バカです。

電話の引き込みの根元まで修繕致しました。

電話の引き込み線

私、一級建築施工管理技師です。二級の時代が15年続き、このままでは一生、二級品の人生で終わると気づきまして50をこえて一級建築施工管理を取得しました。二級の学科が40パーセントの合格率で、その合格者が実地試験へ進み、40%弱の合格率です。この段階で15%の合格者となり二級建築施工管理となります。そして一級建築施工管理技師の学科、実地の2回の試験も同じく40%、40%弱の合格率です。15%にふるい落とされた上、さらに15%にふるい落とされ、3%弱の難関です。自慢させてください。高卒で50歳をこえての合格です。このために建築26業種の勉強をいたしました。弊社の強みは塗装屋でも防水屋でもないことです。とびっきりの塗装、防水の職人が工事致しますが、その他の大工工事、左官工事、タイル工事、注入工事、資格取得のため。勉強しましたことを工事に生かせております。

物干し金具

物干し金具まで ごらんのとおり。交換した物干し金具

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*