新築の注文住宅でシックイを塗っています。

室内にシックイを塗っています。関西ペイント社のアレスシックイ。消臭機能、抗菌、抗ウィルス機能があります。普通は石膏ボードの上にクロスを貼るのですが、さすがに こだわりの注文住宅は違います。外壁は打ち放しコンクリート仕上げにフッ素クリアーの塗装、内部はシックイの塗料です。そのためにはボードとボードの継ぎ目、ビスの跡、無数にあるのですが、全てをパテ処理でフラットにします。また、ひび割れが入らないようにメッシュを貼り、2度パテ処理ののち、全体をしごきました。ここまでで3人の職人が3日がかりです。3人の職人は、この道、30年の熟練工で腕はピカイチです。あべのハルカス、グランフロント大阪の壁を仕上げたメンバーです。管理するのが一級建築施工管理技能士、管理技術者の私、ナノマックス代表の町田です。

ナノマックス社長のこだわり

もともとのボードの写真は

ここに繰り返しパテ処理をしていきます。

すると どうでしょう

この段階で下地処理です。ここから養生、マスキングを行い、下塗り、中塗り、上塗りです。実に贅沢な仕様です。

シックイの中塗りです。これで十分、美しいのですが、抗菌機能をフルにいかすため、メーカーの仕様通りに上塗りをします。4時間の乾燥期間とカタログに書いてありますが、この際、1日、乾燥させましょう。経済効率を考えない、原価計算をしないのが私の生きる道です。美しさを求めるあまり、パテを全シゴキしてしまい下塗りが吸いに吸い込み、1階部で足りなくなりました。日曜日だというのにカンペさんの携帯に電話。月曜日、朝一に取りに行くので用意してとお願い。

朝、8時前にカンペへ到着。荷受け場から商品をいただきました。

現場では5人の一球塗装士たちが待っています。皆の段取りをうまくやるのが私の仕事です。

ナノマックス社長のこだわり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です