良い業者を選ぶには

ずばり塗装工事専門店に頼むことです。
技術 資格 実績を持つ専門店にです。
大手ハウスメーカー ・ 工務店 ・ 訪問し営業する業者にまかせても
彼らが工事するのではありません。
その下請けの塗装店が実際の工事をおこないます。
元請業者が塗装店を管理監督するので多少 高くなってもしかたがない
と思われますか?
塗装店は専門家です。元請け業者より明らかに知識と経験を持ちます。
例えて言うなら野球経験のない監督コーチが選手を指導するようなもので
す。 そこで3割から6割ほどのマージンが抜かれ 実際の工事に
生かされません。
あくまで私の考えですが、良い塗装工事のポイントは
直接工事をする 『塗装工事専門店』 に依頼することです。

それは専門店ならではの『長所』があるからです。
当社の場合のお話をします。

専門工事店に直接依頼するので
中間マージンがありません。
無駄な中間マージンが発生しません。『この値段どう思うか?』とお客様か
らの質問をいただくことがありますが30%~50%以上も高くなってる
場合もあります。

適正価格で工事ができます。

大切なことは【工事が適正価格であるか? 】というではないでしょうか。
価格を安くするために おきる手抜きが横行しています。
無理な価格競争で品質が下がるのでは折角工事する意味がありません。
マージンに多くの予算が消える高すぎる業者。
無理な価格で悪い工事をする安すぎる業者。どちらもひどすぎます。

お客様の要望がダイレクトにつたわります。

中間に業者をはさみますと伝言ゲームのように『言ったのに、伝わっていな
い』などのトラブルがよくあります。リフォームで嫌な思いなさったお客様の
ほとんどがこんなトラブルかと思われます。
私どもは直接要望を御聞きします。お客様のご要望が100%届きます。